気になる看板シリーズ -13-
今回も看板ではないのが残念なのですが、新規オープン予定のお知らせポスターです。明洞の中央郵便局1階にダンキンドーナツができるようです。以前「タバン(茶房)コーヒー」というタイトルで投稿したのですが、広いスペースと喫煙場所があるため、お昼休みにはビジネスマンや観光客の憩いのスペースとなっています。かねてから私もこの広いスペースが勿体ないと思っておりましたが、やはり商売人は黙ってられないですよね。昼休みに多くの人がたむろするのですから、それを狙わない手はないでしょう。ということで、ダンキンドーナツがオープン予定となったようです。





さて前置きが長くなりましたが、看板シリーズらしく本題へ。上の写真の矢印の部分は「5月中オープン予定」となっています。その「中」の部分が修正されているのがお分かりでしょうか。そう、初めは「5月10日オープン予定」だったのです。そして「5月19日オープン予定」となり、ついには「5月中オープン予定」となった次第です。いいですねぇ、このゆるやかさ。日本だったら一体どうなるのでしょうか…(苦笑)さて私は「5月」の部分も修正が入らないかとワクワクして(不謹慎?)見つめておりましたが、さすがに1ヶ月もズレ込まないようで(^-^; 完成に向けて着々と工事は進んでおりました。





しかし!期待を裏切らない韓国!!ここにまで来て、また延長!(爆)


「オープンは(19いや)26日です。」(合掌)今度こそは、さすがに本当でしょうから26日にはドーナツ買いに行ってみます く(・_・。)

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/07/19 14:57 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
暖かみのある韓国ガイドブック著者 アンソラ...
ソウル国際図書展2010に行って参りました!Seoul International Book Fair 2010今回の会期は2010年5月12日〜16日までで、もう終わってしまいましたが、江南のcoex(コエックス)で毎年開催されている展示会です。日本人にとって面白いかどうかわかりませんが、世界の図書が一同に会する大型の展示会で、大人から子供まで楽しめるようです。韓国人は良く本を読むようで、若い子の姿が多い気がします。日本のマンガコーナーも盛況で、即売会をしていました。




今回の目的は図書が好きだからではなく(もちろん好きですが)、長年お付き合いさせて頂いているアンソラ氏が出展者ということでお邪魔したのです。アンソラ氏の著書は韓国のガイドブックで、すでに5冊ほど出版されていますが、その特徴は手書き!数あるガイドブックのなかで、こんなに暖かみのあるホッとする本はないと思います。また、ご自身が歩き回って直接食べたりしたお店を紹介しているので、レアな情報も満載です。そして、ドラゴン桜公式副読本「16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~」の著者、鍵本聡先生なども出展、公演をされました。











日本でも本の販売が冷え込み、簡単に読めるデジタルブックの時代になってきました。この展示会でも電子ブックなどが数多く展示されていました。印刷物はデジタルへ、活字(筆)はキーボートになっても、やはり私は紙をめくって読むスタイルからは離れられないようです。そんな時代の過渡期に手書きの暖かみのある本を書いているアンソラ氏には、ぜひ今後もガンバって頂きたいと思います。

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/06/11 12:37 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
韓国のデコボコ道
以前から気になっていたのが韓国の道。何故こんなにデコボコなんでしょうか?下記の写真などは、何をしたらこうなるなのか、甚だ疑問なわけです。しかし過去の道路は、まだ技術がないのだから仕方がないのだろうと思っておりました。





しかし最新の技術でも結局、デコボコなんです…(TT)下記写真の道路は歩行者道路を横切る車道で、わざと車道の方をボコボコにしているのですが、ハイヒールの人は非常に歩きづらいだろうと思います。写真ではわからないかもしれませんが、普通のクツでさえ、うっかりすると捻挫しそうなほどに段差があるのです。捻挫した人は多いのではないかと思っているのですが、そんなことは話題にもならないようです。


また、分かりやいのは下記の写真。こんなに人通りの多い場所に、なんでこんな10センチもの段差をつくるのでしょう???しかもココ以外は真っ平らなのです。ココだけ唐突に盛り上がってるのです。そして、ココはソウル明洞の繁華街なんですよ!週末には地面が見えないほどの人混みになるのに。なんてデンジャラスなんでしょうか。





平らにするのは、技術的に困難だったのかもしれませんが、いやでも、なんとかしようよ、このくらいは。と思うのは日本人の私だけでしょうか(TT)





しかし実は、新世界百貨店の屋上もこういう状態なのです…。なんでわざわざ、こういう中途半端な段差作るんでしょうね?実は私、ここで携帯で話しながら見事なほどに、ビターーーーーン!と転んだことがあります。いえ、それで頭に来て投稿しているわけではありませんので、あしからず。韓国のデンジャラスゾーンはバスを初めとして、あちらこちらに潜んでいるので、出来たら韓国旅行の際は運動靴でお越し下さい。

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/06/07 12:47 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
マクドナルドの配達
ちょっとした用事でソウル市庁方面へ行きました。久々なので散歩しながら明洞へ帰る道すがら、こんなものを見つけました。「あれれ?これって配達用のバイク?しかもマクドナルド???」



マクドナルドって配達するんだ???と事務所に帰ってスタッフに確認してみたら、随分前から配達してたらしいのです。知らなかったのは私だけだったらしい…。そう言えば、明洞にはマクドナルドがありません。ということで数日後、注文してみました!





雨の日なのに配達を頼んでしまいましたが、バイトのお兄さん、がんばって来てくれました。電話は代表番号で、近い支店につないでくれます。明洞では一番近い支店は、やはりソウル市庁になるようです。電話では30〜40分かかると言われましたが、15分ほどで到着。早い!また配達用のメニューとクーポンを持ってきてくれました。クーポンは次回、使ってみましょう。





このマクドナルドの配達、実は韓国では不評なようです。というのも配達費を取るのではなく、商品の価格を高く設定しているため。一回の配達でいくら、ということであれば多数人で注文するとお得感もあるが、これでは注文すればするほど高くなっていく計算になります。また中華やピザ、フライドチキンなどの配達が発達している韓国では、他では無料なのになぜ?!とかなり不評なようです。確かに今回の注文はスタッフ4人でしましたが、お店に行けば3000ウォンくらいなのに配達だと3600〜3800ウォンほどになります。これはちょっとイタイですね。マクドナルドでは、このスタイルを変更するつもりはないと強気の態度だそうです。日本のマクドナルドはこの不況下において売上をさらに伸ばす勢いですが、韓国マクドナルドは、さてさて、売上倍増は可能でしょうか。

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/06/03 16:10 | 관심 | 트랙백 | 덧글(1)
気になる看板シリーズ -12-
非常にお久しぶりの看板シリーズです。といっても看板ではなく手書きコメントで、「気に入ったものがあれば値切って下さい!!」とのこと(笑)。



このお店は明洞の通りにある屋台式のアクセサリー店。これを撮る時に、わざわざ「おもしろい?」なんて声をかけてきたお店の主人。この文句がうけたことで、ちょっと満足そうでした。韓国人のユーモアは日本人とは、ちょっと違う気がします。まじめで真剣なのに何かおかしい人と、こういったわざと笑いを取る人。この看板シリーズはもちろん、前者の「真剣なのに何かおかしい人」方をテーマにお届けしていて、私的にはやはりこちらの方がツボにはまるのですが、わざと笑いを取る人でもスマートな雰囲気があると気持ちがいいですね。韓国の観光地では、もう面白い看板がなかなか見つからない中で久々に健闘して頂いたので、星5つ〜!★★★★★

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/05/03 17:50 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
ソウルに春を告げるもの
今年の天候は異常で、日本では大雪や強風の被害が多かったと思います。韓国でも今年は大雪での被害が深刻で、いまだに気温が上がらず春と言うには、まだまだ肌寒い日々が続いています。例年より遅れて開花している桜は今が真っ盛りですが、天気が悪いため花見で気分爽快とはいかないようです。さて日本人は異常なほどの桜好きですが、韓国では花見でフィーバーする風習はありません。



韓国に一番に春を告げるのは「ケナリ(レンギョウ)」の黄色い花。韓国人は、この花をこよなく愛しているように見えます。ただ、その表現方法は日本人とはまた違って「密かに愛でる」といった感じでしょうか。韓国人の豪快な性格を思えば、この花は小さくて可憐で、韓国人にそぐわない印象があります。しかし豪快で性急で、という一方で静かに悲しみを忍耐し受け入れようとする「恨(ハン)の心」という性格も持ち合わせているのが韓国人です。私はそんな韓国人の性格の一端をこのケナリが象徴しているように感じるのです。一方ではまた、国花の「ムグンファ(無窮花/むくげ)」。この花は7〜9月に咲き、雨が降っても風が吹いてもしぶとく咲き続ける花で、韓国人の性格を象徴すると一般に言われ、パッと咲いて潔く散る桜が日本人の象徴とし、この2つは国民性の違いとしてよく比較されます。ケナリとムグンファ。相反する2つの花ではありますが、私にはケナリ的性格が、古き良き韓国人の本質ではないかと思っているのです。

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/05/03 17:48 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
zepp福岡コンサート「和」(4/10)

あいマップHPでお知らせしていました、zepp福岡でのコンサート(4/10)「和」へ
関係者として参加して参りました!





あいマップの参加目的は、今回発売となった『マンナム』の販売です。
記事中にパク・スファン君の記事を載せました。(ぜひご覧くださいネ!





会場には700人超の人たちがつめかけました。熊本や大分などからツアーで参加の方々も。
並んでいる最中から、すでに熱気むんむんで盛り上がりに期待大です!





このコンサートは韓国の忠清北道(チュンチョンプクド)と熊本が姉妹都市であることから、
熊本発の韓流スター「パク・スファン」君を広報大使に任命、観光公社のバックアップで実現したものです。

忠清北道(チュンチョンプクド)は韓国のど真ん中にある内陸地域で、山波や渓谷の美しい避暑地です。
韓国の歴代大統領の利用する別荘がある保養地として「南の青瓦台(チョンワデ)」とも呼ばれています。
食べ物は、山菜や川魚などがメインのヘルシーメニューです。



さて我らがパク・スファン君の勇姿をご披露します。
まだ持ち歌が少ないため、冬ソナやスファン君の好きなL'Arc〜en〜Cielの歌など数曲に
ファンとのふれあいイベントなど、なかなかのコンサートでした。
今後は大分、鹿児島でのコンサートが予定されています。



P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/04/19 14:39 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
オルチャン人形


韓国でのプリクラハウスで名前を「オルチャン」というチェーン店があります。オルチャンとは「オル=顔」「チャン=一番」という意味で「顔が良い」という感じで使われます。日本で流行の言葉では男性限定ですが「イケメン」と似ているかもしれません。チャンは、よく使われる単語で他にもモムチャン(体一番)などはよく使われる言葉です。日本では一時のブームを過ぎているとは思いますが、記念日、写真好きの韓国人にはまだまだ人気のようです。写真だけではもの足りなかったのでしょうか、こんな人形グッズを発見しました。

顔写真の鼻の部分だけ少し盛り上げてあるため、立体的に見えます。人形のサイズや模様、スタイルも様々あるようで、一体7,000ウォンから。



サンプルは子供の写真が多いですが、ペットの写真で作った日本人の方がいたので写真を撮らせてもらいました。持っている写真でも作成可能なようです。



ぬいぐるみタイプ以外にも、プラスチックタイプや機関車トーマスみたいな形もあるようです。皆さんもお好きな写真で一つ、お土産にどうでしょう?

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/04/16 13:02 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
タバン(茶房)コーヒー
明洞にある中央郵便局前のお昼休みの風景です。喫煙ができて椅子もあるので、ビジネスマンのくつろぎの場となっています。ポカポカ天気の良い日は、お昼寝したくなるようなのんびり空間です。



韓国人の食後の定番はコーヒーです。最近ではスターバックスやテイクアウトコーヒーが流行し、手にしているのはインスタントではなく本格ドリップコーヒー。中にはペットボトルのお茶を手にしている人もいました。韓国人のスタイルも随分様変わりしたようです。今までの韓国定番、食後のコーヒーは、もちろんインスタント。食べ物が辛くてしょっぱいというのも理由にあると思いますが、甘〜いインスタントコーヒーを飲むのが韓国の本当の日常風景でした。



写真のような自販機を食堂で見た方も多いのではないでしょうか?コインの投入口はありますが通常は、お店のサービスで無料。ボタンを押せば紙コップとコーヒーが出てきます。この紙コップ式のインスタントコーヒーをタバン(茶房)コーヒーなどと言うことがあります。タバン(茶房)というのは喫茶店なのですが、このタバンではインスタントコーヒーを頼むと女性まで付いてくるという曰く付きのお店(^-^;配達サービスまであるらしいのですが、その時もコーヒーと一緒にバイクの後ろに女性が乗ってついてくるのだとか!(笑)女の私には縁のない話ですから見たことはないのですが、一度見てみたいものだと思っております。そんな韓国の日常風景も、そろそろ遠い昔の話といえる時代になってきました。

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/04/05 14:41 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
アイゴー!って便利な言葉
少し前にあいマップ公式ツイッターにこんな投稿をしました。----------韓国にいる留学生100人にアンケートした結果韓国といって思い浮かぶのは「キムチ」であることがわかった。韓国に来た理由については1位「韓流が好きで」2位「韓国ドラマが好きで」3位「ハングルに興味を持って」4位「IT機器」など。一番好きな単語は「カルメギサル」「アイゴ」「チャン」だ。----------一番好きな単語に「カルメギサル」?それって一番好きな食べ物の間違いではないだろうかと思っておりますが(^-^;ちなみに「カルメギサル」とは、豚肉の橫膈膜と肝の間にある筋肉質な肉で脂が少なく歯ごたえのある部位です。 韓国語でカロマクサルと言われていましたが、これがなまってカルメギサルと呼ばれるようになったと言われています。

さて余談が長くなりましたが、今日の話題は「アイゴ」についてです。アイゴとは便利な言葉で、嬉しい時にも悲しい時にも怒った時にも、どんな時にも使えます。韓国語は日本語と違ってハッキリしているので両極端な、どちらにもとれるような単語は殆どありませんが、このアイゴだけは別です。といっても感嘆詞なので可能なんでしょうけどね。よく見かける使い方は、ドラマなどでご存じかも知れませんが、プレゼントなどをもらった時に「アイゴー!そんな気を使わなくてもいいのに」という場面や息子が悪さをした時など「アイゴー!アイゴー!このバカ息子!!」なんて場面。お葬式で床をバンバン叩きながら「アイゴー!アイゴー!」と泣く場面。すべての感情をアイゴーという単語にのせて表現できるんですね。この便利さが好きな単語に上がってる理由なのかもしれません。ちなみに感嘆詞でよく使われる単語にもう一つ「オモッ!」というのがあります。主に女性が使う単語で、男性が使うとちょっとオカマちゃん入ってるかな?と思われそうな雰囲気です。オモの語源はオモニ(お母さん)で、日本でも子供などは「おかあさーん!」なんて泣いたりしますよね?そんな感じだと思います。ほとんどがビックリした時に使いますが、基本形としては「オモッ」「オモナ」ですが「オモッ!オモッ!オモッ!」や「オモモモモモモモモ!」と伸ばす変形バージョンがあります。これを初めて聞いた時は吹き出してしまいました(^-^;この感嘆詞が自然に出てくるようになったら、もう韓国語の達人といえるでしょう。上記写真は、記事と何の関係もありません(汗)マンナム5号で取材したキムチ名人姜順義(カン・スニィ)氏のお宅です。アイゴー!を連発するイメージとご本人が重なったので使ってみました(^-^;

P Tiger님의 파란블로그에서 발행된 글입니다.
by tiger | 2010/04/05 14:38 | 관심 | 트랙백 | 덧글(0)
◀ 이전 페이지 다음 페이지 ▶



하루 이후 하루
by tiger
카테고리
전체

인생
사랑
희망
후회
일과
관심
미분류
이전블로그
2010년 07월
2010년 06월
2010년 05월
2010년 04월
2010년 03월
2010년 02월
2010년 01월
2009년 12월
2009년 11월
2009년 10월
2009년 09월
2009년 04월
2008년 12월
2008년 02월
이글루링크
나가 멍충아!!
최근 등록된 덧글
메모장
최근 등록된 트랙백
이글루 파인더

라이프로그
rss

skin by 철이